カンジダ症を殺菌するにはイトラコナゾール

カンジダの治療にはエンペシド膣錠やイトラコナゾールのような治療薬がよく使用されますが、特にこのイトラコナゾールは、真菌(カビ)を殺菌したり、増殖を抑制したりするはたらきがある医薬品として、効き目も他のものと比較して強力なもので、しかも幅広い種類の真菌に対応しているとされています。
このイトラコナゾールが対応できる種類としては、皮膚糸状菌、カンジダ菌、白癬菌などさまざまな種類があり、水虫、カンジダ症、内臓真菌症などの治療目的で処方されています。特に、カンジダ症にかかった場合には、病原菌を殺菌するためにこのイトラコナゾールが使用されることが多いといえます。
女性の発病率が高いカンジダ症には、口腔カンジダ症、皮膚カンジダ症、性器カンジダ症などの種類があり、これらは体の皮膚や粘膜のどの部分に症状があらわれるかという違いによるものです。
例えば、性器カンジダ症であれば、性行為によって感染することも、またもとから体内に住んでいたカンジダが体力低下に乗じて発症させることも、両方の場合があるのですが、ともかくもカンジダが原因となって、性器などに赤や白のできものがあらわれたり、陰部にかゆみや刺激感があったり、ひどい場合には尿道炎などを併発して、排尿の際に痛みがともなうこともあります。女性ではおりものの量が増え、臭いにおいを発するようにもなります。
このような症状が出た場合には、イトラコナゾールを投与することになりますが、症状によって投与される量や期間は異なります。また、イトラコナゾールの製剤としては、カプセルタイプの経口使用するもののほかに、膣剤といって、直接女性の体内に入れるタイプのものもあり、性器カンジダ症ではこうしたタイプがよく用いられています。そのほかに、外用薬である別の軟膏・クリームなどを患部に塗布することも併用されます。

↓カンジダでお困りの方はこちら
イトラコナゾール